top of page

ロシアウクライナ間の衝突

更新日:2022年11月14日



ロシアウクライナ間の衝突は、ソ連時代の終わりから大きな緊張を経験した地域に、長い歴史と文化のルーツを持っている。この緊張は、ロシアとウクライナの全面戦争に発展した。ウクライナは、独立国家であり続ける権利を求めて今も戦い続けている。



戦争は2022年2月24日に正式に勃発したが、野次馬は侵攻までの数カ月間、両国の間に何らかの紛争が起こることを予期していた。ロシアは、ウクライナがEUや欧米に甘く、結果的にNATO軍をロシア国境に近づけることになるのではと懸念を表明していた。プーチン大統領はまた、ウクライナ侵攻の第二の理由として、「ウクライナの非軍事化と脱ナチス化」、そしてウクライナの親ロシア派市民を圧政と見られる体制から解放することを挙げている。西側の専門家たちは、それがロシアがクリミア半島以外のウクライナの土地を併合するために使った理由であることにすぐに気がついた。

両者とも大軍を動員し、陸海空で戦争をしている。ロシアの戦力はウクライナの戦闘態勢をはるかに上回っているが、ウクライナは米国や欧州のいくつかの国の協力を得て、ロシア軍を抑えることに成功している。今のところ、ロシアは当初からの目標であった首都キエフの奪取には至っていない。しかし、ロシアは現在、ルハンスク地方やザポリジャー原子力発電所などの戦略的に重要な場所を含むウクライナの主権的土地の約20%を支配している。ゼレンスキー大統領は、事故が起きれば全世界に深刻な影響を及ぼす可能性があるとして、発電所を安全に保つための支援を懇願している。






この戦争では、すでに数千人の死傷者、重要なインフラの破壊、さらに他のヨーロッパ諸国での食糧やエネルギー価格の上昇など、破滅的な結果が出ている。実際の死傷者数は不明だが、ウクライナでは1万3千人以上の死傷者が出ていると言われている。その中には、女性や子供も多く含まれている。戦争が始まって以来、1300万人以上のウクライナ人が国外に脱出し、約700万人が国内避難民となった。難民の多くはヨーロッパの国々に避難し、両手を広げて彼らを受け入れている。また、ウクライナに戻り、同胞と一緒に戦ったり、精神的な支えになったりしている人も少なくない。戦争がいつ終わるかは分からないが、戦争は数カ月、あるいは数年続くと予想される。ウクライナ、ロシアの復興は、戦争で疲弊し、心に深い傷を負った人々にとって、長く困難な道のりであろう。




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人権問題

bottom of page