top of page

人権問題

更新日:2022年11月21日

ここ数年、世界的に人権問題が増加しています。人種差別、難民、男女平等、LGBTQ+の権利、気候変動、個人のプライバシーなど、大半の国が人権に対する何らかの脅威に直面しています。これらの問題は相互に関連していることが多く、そのように対処する必要があります。





現在、世界はこれまでで最悪の難民危機を経験しており、何百万人もの人々が国内外を問わず避難生活を送っています。武力紛争や気候変動に関連する事件の増加が、難民の数を増加させる要因となっています。このような人々は、新しい土地で偏見や迫害に耐え、新しいコミュニティへの定住が困難な場合が多い。この問題は、今後数年、数十年と悪化の一途をたどるという説もある。武力紛争や環境問題は一筋縄ではいかないが、根本的な原因を解決しなければ、人権の十分な向上も望めない。



人種的不公正は世界の隅々まで行き渡っています。近年、ソーシャルメディアやニュースなどで取り上げられることが多くなり、注目度が高まっています。ブラック・ライブズ・マター」運動は2013年に大きく始まりましたが、2020年にアメリカのミネアポリスでジョージ・フロイドが警察官に殺害されたことをきっかけに、さらに拍車がかかりました。この運動は、数多くのことを達成することを目的としています。BLM活動家の目標は、社会の中で黒人が差別に直面している数多くの方法と、制度、政府、慣行がこの不公正にどのように寄与しているかについての認識を高めることである。政治的なデモ、キャンペーン、非暴力的な抗議活動を通して、この使命は、私たちの社会のあらゆるレベルの人種差別に反対してきました。BLMは、営利目的の刑務所での虐待、少数民族居住区での警察の過剰な存在、警察の残虐行為を止めるために活動しています。



COVID-19の流行は、多くの国でアジア人が耐えている憎しみに対する怒りも呼び起こしました。アジア人およびアジアの伝統を持つ人々は、身体的および言葉による虐待が蔓延していることを数え切れないほど報告しています。ストップ・アジアン・ヘイト」運動は、パンデミック中に虐待を受ける人が増えたため、2021年に米国で初めて始まりました。この運動は「#StopAsianHate」のもと、ソーシャルメディアで瞬く間に広がり、人々は街頭に出て、虐待に抗議しました。この運動の目的は、問題意識を高めると同時に、ヘイトから個人を守るために政府の政策や法律の変更を促すことにあります。





世界人権宣言の人権に関する指針も、LGBTQ+の人々に対する差別によって脅かされています。現在、LGBTQ+コミュニティのメンバーに向けられる偏見や暴力はあまりにも多く、ホモフォビック、バイフォビック、トランスフォビックの概念に煽られた感情は、多くの文化圏でいまだに蔓延しています。多くの国で、人間としての権利を保護する法律が制定されていますが、実際には、多くの人々がまだ法の下で保護されておらず、本当の自分らしさを自由に発揮することができません。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page