top of page

恵まれない子どもたちについて

不利な状況にはさまざまな形や規模がありますが、ほとんどの場合、低所得や貧困に関連しています。自分たちの状況を変える力がほとんどない子どもたちは、大人よりも貧困を経験しやすいのです。また、その結果、より多くの苦しみを味わうことになります。






近年、世界は開発に向けて驚くべき進歩を遂げています。それにもかかわらず、7億人以上の人々が絶望的な貧困の中で暮らし続けており、中でも子どもたちは不釣り合いなほど大きな影響を受けています。子どもたちは、1日わずか1.90ドルで生活することを強いられている最大のグループです。世界人口の3分の1しかいないにもかかわらず、です。貧困の中で育つ子どもたちは、生存と成長に必要な栄養、衛生、住居、医療、教育が不足していることがよくあります。世界で約10億人の子どもたちが多次元的貧困状態にあり、きれいな水や食べ物などの基本的な必需品を手にしていないことを意味します。COVID-19もこの状況を悪化させ、さらに1億人の子どもたちを多次元的貧困に陥れました。

その影響は深刻です。世界の最貧困層の子どもたちが幼少期に死亡する可能性は、裕福な同級生の2倍に上ります。人道的な状況の中で育てられた子どもたちは、苦難や疎外感を味わう危険性が高まります。地球上で最も裕福な国であっても、7人に1人の子どもは依然として貧困の中で暮らしています。現在、欧州連合(EU)では、4人に1人の未成年者が貧困の危険にさらされています。また、貧困の中で育つ子どもたちは、住む場所に関係なく、不十分な生活環境、労働力としての能力開発の欠如、その後の人生における給与の大幅な低さなどを経験しています。



貧困だけでなく、世界中の子どもたちは、育つ地域社会、近隣地域、家庭などに基づく不利な状況を経験しています。社会的に不利な立場にある子どもたちは、人種的、民族的、文化的信条に由来する組織的な偏見に直面している子どもたちである。子どもたちが受ける不利な状況は、子どもたち自身の能力や資質を全く考慮することなく、自分ではどうしようもないところから生じています。その結果、彼らは身近なコミュニティを超えて活躍し、成長する機会を奪われてしまうのです。社会的不利を経験している子どもたちについては、発見が難しいため、公式な数字はありませんが、それでも世界的に拡大しつつある問題であることに変わりはありません。





子どもの不利益に対処するためには、貧困や家庭内の必要な資源の不足など、根本的な原因に目を向けることが必要です。貧困の連鎖を断ち切ることは非常に難しく、親の下で貧困にあえぐ子どもたちは、同じ状況を受け継ぐ危険性があります。そのため、貧困に苦しむ家庭への支援、資源の分配、貧困の早期解消に向けた政府の政策が必要です。一度、貧困の連鎖から抜け出した子どもは、将来、自分の子どもにそれを引き継ぐ可能性は低くなります。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人権問題

Comentários


bottom of page