top of page

感染症について



医療分野は過去数十年の間に着実に進歩してきましたが、COVID-19の発生は、世界が将来の疾病管理に対してまだ十分な備えができていないことを示しました。気候変動の激化、インフラの不備、人口増加、感染予防・管理の不十分さといった要因が、今後数年間で新たな大流行を引き起こす可能性を高めているのです。



現在進行中のCOVID-19の大流行は、動物から人へウイルスが伝播することで発生する人獣共通感染症の惨状を容赦なく物語っている。SARS-CoV-2ウイルスは国境を越えて急速に広がり、最初の感染者が発見されてからわずか1ヵ月後に、世界保健機関(WHO)はこの状況を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言した。それからわずか2カ月後の2020年3月11日には、世界保健機関から正式にパンデミックアウトブレイクとする声明が発表された。ウイルスの拡散を抑制するため、大多数の国が厳しい安全対策を講じ、中には完全閉鎖を宣言した国もありました。





COVID-19の発生以来、全世界で6億人以上の感染者が報告され、650万人近くが死亡している。その後、世界のほとんどの地域で最も厳しい安全対策が解除されましたが、それでも毎日数十万人の新しい感染者が報告されています。アメリカ大陸は最も大きな打撃を受けており、300万人近くが死亡しています。そのすぐ後に、2020年初頭から200万人以上のCOVID関連の死亡が報告されているヨーロッパが続きます。多くの場合、症状は一般的なインフルエンザに類似しており、感染者との密接な接触によって容易に感染が広がるため、この病気の追跡は困難な作業となっています。そのため、実際の感染者数は公式発表されている数よりもはるかに多いと考えられています。また、多くの後進国では、資源や専門知識が乏しいため、感染の検出と制御がより困難になっています。



COVID-19の大流行は、世界の感染症リストに追加されただけです。エボラは、2014年に西アフリカで発生したアウトブレイク以来、他の人獣共通感染症の一つとなっています。この流行はすでに終息していますが、今年4月と8月にも感染者が報告されています。また、西アフリカで最初に発見されたサル痘は、世界保健機関(WHO)が「世界公衆衛生上重要な疾病」に分類し、大きな関心を呼んでいます。サル痘はもはや西アフリカの国々だけの病気ではなく、今やすべての大陸で発見されている。

科学者たちは、将来パンデミックやウイルスの大発生が起こるということに同意しているが、いつ、どこで、どの程度の深刻な結果になるのかさえ、はっきりと言うことはできない。また、これらの病気から完全に身を守ることは、発生前にワクチンを開発することができないため、困難である。そこで、私たちにできることは、備えを充実させ、医学研究に投資することです。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人権問題

Comments


bottom of page