top of page

環境問題について


気候変動は、多くの要因が複雑に絡み合い、対照的なプロセスです。これらの要因の中には、環境への悪影響を抑えたいのであれば、他の要因よりも緊急に行動を起こす必要があるものもあります。この影響は世界中で見られ、その影響は社会のあらゆるレベルで感じられます。このことは、地球規模の責任であることを意味します。






二酸化炭素の濃度が現在のように高くなったのは、400万年以上前にさかのぼらなければなりません。温室効果ガス排出量の増加により、地球の気温は過去数十年にわたり徐々に上昇しています。その結果、オーストラリアや米国で記録的な山火事、アフリカ、中東、アジアで作物を全滅させるイナゴの大群、南極で初めて気温が20度を超えた熱波など、世界各地で壊滅的な現象が起こっている。グリーンランド氷床の融解、北極圏の永久凍土の融解の進行、アマゾン熱帯雨林の森林破壊の加速など、科学者は地球が悲惨な影響を及ぼしうるいくつかの転換点を越えたと言い続けている。



過去50年間で、人間の消費、人口、貿易、都市化は飛躍的に増加し、その結果、地球資源は持続的に交換できる量よりも多く使用されるようになりました。最近のWWFの分析によると、1970年から2016年の間に、哺乳類、魚類、鳥類、爬虫類、両生類の人口規模は平均68 %減少しました。この調査では、生物多様性の減少の原因はいくつかありますが、そのほとんどが土地利用の変化、特に森林、草原、マングローブなどの生息地の農地への転換によるものだとされています。また、野生動物の違法取引は、パンゴリン、サメ、タツノオトシゴなどの動物に大きな影響を与えています。その結果、パンゴリ ンは絶滅の危機に瀕しています。最近の報告書によると、地球上で6番目の動物の大量絶滅が増加しているそうです。今後20年で、前世紀に絶滅したのと同じ500種以上の陸生動物が絶滅する可能性があるという。





1950年、世界におけるプラスチックの年間生産量は200万トンを超えていた。それが2015年には4億1,900万トンにまで増えています。科学雑誌『ネイチャー』に掲載された研究によると、毎年1400万トンのプラスチックが海に流れ込み、野生動物の生息地とそこに住む動物たちの両方に影響を与えているそうです。この研究によると、何もしなければ、プラスチックの大惨事は2040年までに年間2900万トンに達するという。2040年までに、マイクロプラスチックを考慮すると、海のプラスチックの総量は6億トンになるかもしれません。驚くべきことに、これまで生産されたプラスチックの91%はリサイクルされておらず、これは現代の大きな環境問題の一つとなっています。



私たちの行動が環境を悪化させていることは間違いなく、早急な変革が求められているのです。このほかにも、私たちが今後取り組むべき課題は数多くあります。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page